令和4年度外食産業事業継続緊急支援事業

こちらは経済産業省ではなく、農林水産省からの補助金です。

新型コロナウイルスの影響により経営環境が悪化した飲食店が、今後の事業継続及び需要の喚起のために行う業態転換等(新メニュー開発、感染防止策の強化を前提とした提供方法の見直し、テイクアウト・デリバリー等)の取組を支援します。
また、外食産業への普及推奨モデルになると判断される取組については、優先的に採択・公表を行います。

・・・となっています。

業態転換等を行う飲食店が対象ですが、
業態転換等の定義が広くとられています。そういった意味では使いやすい補助金ではないでしょうか。

ただ、共同事業者と一緒に申請する必要があります。
共同事業者とは、
コンサルタント、金融機関、中小企業診断士、機械・機器・システムの製造・販売業者、施設・設備の建設・施工業者、飲食関連サービス提供者及び資本関係にない他の飲食店等であって、業態転換等による経営成果をより高めるために、業態転換等事業実施者と共同して事業の計画及び実施内容の検討、実施・報告支援を行う事業者・・・とされています。

補助金の概要

外食産業向け 業態転換等補助金(補助事業)の公募 (1次)を行います。

対象事業者・補助金額など

対象 飲食店事業者 共同事業者
対象事業 新型コロナウイルスの影響により経営環境が悪化した飲食店が、今後の事業継続及び需要の喚起のために行う業態転換等(新メニュー開発、感染防止策の強化を前提とした提供方法の見直し、テイクアウト・デリバリー等)の取組。
補助率 1/2
補助金額 100万円~1,000万円

対象経費
事業費
(1)建物費(2)機械装置・システム構築費(3)技術導入費(4)専門家派遣(5)運搬費(6)外注費(7)広告宣伝・販売促進費(8)研修費(9)その他の経費
委託費

応募期間
令和4年6月15日(水)~令和4年8月1日(月)

 

関連記事

  1. 令和4年度 中小企業緊急対応支援事業補助金(京都府)

  2. 令和4年度 京都府予算案の補助金事業①

  3. 令和4年度 京都府予算案の補助事業②

  4. 令和4年度6月補正 原油価格・物価高騰等小規模事業緊急支援補助金(仮称…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。